親子

便利な授乳服を活用してenjoyママライフ!

選ぶ際のポイントを確認

眠る赤ちゃん

適応年数が長いもの

チャイルドシートは、平成12年の4月から6歳未満の乳幼児が車に乗る歳には着用が義務づけられているというのはご存じのことでしょう。義務づけられているのは分かっていても、数万円するものが多く負担に感じる方も少なくないようです。ただチャイルドシートは、ポイントをおさえて上手に選べば長い期間使用できるものです。また、住まいの地域の自治体によっては購入後に補助金を受け取れる場合もあるので、安いというだけのチャイルドシートにこだわらずに幅広い目で商品を選ぶと良いでしょう。そして、沢山の種類のチャイルドシートの中でどれを選べば良いのか迷うかもしれません。そんな時は、ネットにある、チャイルドシート比較サイトを参考にするといいでしょう。評判のチャイルドシートは年齢によって横向きや後ろ向き、前向きなど向きを変えて長く使用できるところや3歳以降に背もたれをはずして座席だけでも使用できます。

適応車種をよく確認

また、チャイルドシートを購入する際に慎重にしたい点があります。ほとんどの車種に取り付けられるものがほとんどのようですが、中には車種に合わないチャイルドシートもあります。所有の他の車に合うもので、そして例えば祖父母の車に乗る機会があれば、祖父母の車にも乗せかえられるチャイルドシートを選んでおくと便利でしょう。また、赤ちゃんの場合は吐いたりすることもありますので、シートカバーを取り外して洗えるものがいいでしょう。清潔に使いたい場合は、取り外しが可能かどうかの注意が必要です。チャイルドシートの選び方の優先順位はご家庭によって異なりますが、適応年齢を確認して安心して安全なものを選ぶと良いでしょう。